型枠工事とは?

「型枠」とは、「コンクリート製のビルやマンションなどを建設する際に必要な木造の枠」のことです。

「型枠大工」とは、型枠工事を担当する職人のことです。
型枠大工は、鉄筋コンクリート構造物には欠かせない工程の一翼を担っています。

株式会社高千穂建設では、型枠大工専門会社として、型枠大工工事を請け負っております。

マンションなどの大きな柱や壁や梁など建物の基本となる部分は、鉄筋などで作られた骨組部分にコンクリートを流し込んで作ります。コンクリートは液体のようなものなので、決められた寸法の形に 仕上げるには何らかの枠を作らなければなりません。

一般的な枠の材質は、熱帯材から作られた合板や桟木などを使用し、設計通りに木造りの枠を作ります。この枠を作るのが型枠大工の仕事なのです。

型枠工事とは?

型枠大工の魅力

型枠大工のお仕事は、とても魅力的な仕事です。

型枠大工とは、何もない場所にゼロから造り上げる作業であり、その建物は形として後世に残っていきます。

街を見渡せば、自分たちが関わった建物を日常生活で見ることが出来るので、家族や知人に自慢出来る仕事であり、とてもやり甲斐があります。

頑張った仕事が形になり、自分の腕を試せる誇りあるお仕事なんです。

型枠大工の仕事の流れ

型枠工事の一連の流れです。

加工図の製図

最初に元請けの会社から全体の建築図面をもらいます。
もちろんこのままでは使用できません。

全体の建築図面を基に、新たに型枠用の図面を作成します。
CADを使用して現場を詳細に検証した上で、効率良く質の高い施工を行う為に検討を重ねます。

次へ

型枠の加工

加工図の寸法に合わせて、合板(ベニヤ板)や角材(桟木)を切断し、釘で打って枠(パネル)などを準備していきます。

次へ

型枠資材の搬入

型枠資材を現場に搬入します。

次へ

墨出しとレベル出し

専用の測量器具を使って、水平垂直を確かめながら、型枠を建てる場所に墨で印をつけていきます。

次へ

柱・壁の型枠の建込み

墨だしの印にそって、加工しておいた型枠を組立てていきます。

建物全体の精度や強度に影響する大変重要な工程なので、水平、垂直、レベルを常に確認しながら慎重に行います。

次へ

梁架け

梁掛け作業をします。

次へ

スラブ下地とスラブ貼り

各部屋ごとに支えを組み、その上に天井・床を貼っていきます。

スラブ(天井・床)上には鉄筋やコンクリートなど、かなりの重量がかかります。

そのため、それを支える型枠・支保工の計算や配置が重要となります。

次へ

階段・エレベーター部の建込み

階段やエレベーター部の建込みをしていきます。

次へ

各所ダメ廻り(締め固め)

型枠の締固めをします。

次へ

精度チェック(レベルと通り)

型枠の精度チェックを実施します。

次へ

コンクリート打設

完成した型枠にコンクリートを流し込みます。

流し込まれたコンクリートの圧力で型枠に変化や異常がでていないか、常に点検しながら行います。

慎重な作業が必要となります。

次へ

型枠の解体作業

コンクリートが固まった時点で、型枠の撤去作業となります。
こちらも当然スピードが要求されますので、効率良く対応する必要があります。
役割分担して、ここでもチームワークのレベルの高さを発揮します。

次へ

清掃・片付け

現場を綺麗に清掃し片付けます。

次へ

型枠資材の搬出

型枠資材を現場から搬出します。

作業風景や社内風景

作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景
作業風景や社内風景